カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

ナチュラル雑貨、インテリア雑貨、キッチン雑貨、ガーデニング用品などライフスタイル提案型雑貨店【NCL/ナチュラル・コンフォート・ライフ】の通販ショッピング

「CE」について。。。

収納棚

 ヨーロッパで生まれ世界中の子供たちを育て、幼いころから木に触れることの大事さを今も伝える木のおもちゃたち。。。
当店でも「自然から生まれた本物の素材に出来るだけ触れさせたい。」というコンセプトで可愛らしい木製玩具をご紹介しております。

 でも安全性って心配ですよね。どうしても、お子様は口に入れたりしますから。。。

そこで、当店の取り扱っているチェコ製の木製玩具もクリアーしている「CE」と検査基準についてご紹介致します。

ヨーロッパ安全基準CE

「CE」について・・・

 ヨーロッパ連合(EU)やヨーロッパ自由貿易機構(EFTA)における法的規制に対する適合性表示マークのことです。
現在「欧州連合(EuropeanUnion)」加盟国は15か国です。
※イタリア、ルクセンブルク、オランダ、スウェーデン、英国、ベルギー、デンマーク、ドイツ、ギリシャ、スペイン、オーストリア、ポルトガル、フィンランド、フランス、アイルランド
また、公用語だけでも11言語もあります。
※イタリア語、オランダ語、スペイン語、デンマーク語、英語、フランス語、ドイツ語、フィンランド語、スウェーデン語、ギリシャ語、ポルトガル語


「CE」の目的・・・
以前のヨーロッパでは各国間の製品規格や安全保護政策が異なっていたため、流通の大きな妨げとなっていました。
例えばドイツからフランスへ引っ越した場合、ドイツで使っていた電話がフランスでは使えなくなってしまった、ということがありました。
そこで欧州共同体において統一した製品規格を定め、EC圏(現在では加盟国が増えEU圏と呼ばれている)での自由な流通の保証を目指したものが「CE」なのです。

「CE」は玩具だけでなく、産業機械・電磁環境・家庭用電気製品・医療機器のなど様々な分野で適用が求められています。
ヨーロッパでは1951年以来、統一規格を検討してきました。

「CE」マークは該当する全ての条件をその製品が満たしている・・・と、第三者機関である「公認適合証明機関等」が認証したことを示すマークです。
自己認証の場合でも厳しい社会的なモラルに裏付けられているため、信頼度は世界で最も高いといえます。
1985年5月7日、加盟各国で安全に関する統一した規格を作り「決められた年度までにこの規格をクリアすること」という通達が流れ、これに従わない製品は、EU諸国内では生産も販売もできません。
この統一規格に合致していることを証明しているのが「CEマーキング」ということです。
※玩具の安全については1990年1月1日に施行されました。

 玩具に関しては1988年に改定された「EN71」という規定が発行されました。
「EN71」は対象年令や使用目的など、様々な角度から玩具の安全性について具体的な検査事項を列記しております。

木製玩具


「CE」基準・・・

「EN71」の目的として、規定書の中には要約すると以下の2点が記されています。
・消費者には判断しがたい部分の危険をできるだけ減らすこと。
(但し明らかな危険・・・例えば、裁縫キットに含まれる針の危険などは基準の対象としない。)

・大人では注意できても、子どもでは気づかない危険の発生を減らすこと。

上記の大きな目的のために、細かい点に至る厳しい規定が「EN71」には列記されています。
ただし、その規定をクリアしている玩具・遊具が意図した方法以外で使用されたり、不適当な対象者に使用されたために発生した事故に関しては、製造者の責任は問えないとも書いてあります。

少しは参考になりましたでしょうか?

当店の木製玩具は、安心してご利用下さいませ。。。